秘密結社「フリーメイソン」とは何者なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近インターネットやメディアの力もあり、知名度がぐっと上がった団体、世界最古にして最大の秘密結社「フリーメイソン」とは?

 

フリーメイソンの起源

フリーメイソンの起源は様々な説がありますが、石工職人ギルド説が一般的に知られています。フリーメイソンは「自由な石工」という意味で、 宮殿での高度な技術を持った石工職人が、他の職人達に権利が 渡ることを防ぐために、知識が外部にもれない様に暗号化などを行って ギルドを組んだことが起源とされています。

 

フリーメイソンの変貌 英国グランドロッジ
(GLE、グランドロッジ・オブ・イングランド)の設立

こうした職人団体としてのフリーメイソンは近代になって少しづつ衰えていったが、建築に関係のない貴族、紳士、知識人がフリーメイソンに加入し始めた(思索的メイソンリー)。
それと共に、フリーメイソンは職人団体から、友愛団体に変貌したのである。

1717年に近代で最初のグランドロッジである「英国グランドロッジ」が設立された頃からフリーメーソンは急激に力を持ち始め成長し、その性格も変わったと言われている。

シンボルマーク

石工団体を元にした名残りとして、石工の道具であった直角定規とコンパスがシンボルマークとして描かれたものと、ピラミッドに目が描かれたマークの「プロビデンスの目」があります。

 

フリーメイソンの活動

秘密結社という性質上、その活動内容は不明確であるがために、陰謀論ばかりが膨張されておりますが、基本的には「自由」「平等」「友愛」「寛容」「人道」の5つの基本理念を持つ友愛結社です。

ボランティア活動、学校設営や、慈善団体への資金援助などのチャリティ活動を行っており、社会福祉として孤児院、ホームレス、レイプ被害者、眼球バンク、火傷した子供、盲導犬等に関わる活動を支援しています

 

しかし、そのような慈善事業を隠れみのにし、世界を手中に収めようとしている一部の悪魔崇拝者の権力をメンバーもおり、世界情勢が動いた時には必ずと言っていいほど、フリーメイソンの関与が見受けられます。莫大な資金と選りすぐりのエージェントを使い、世界を陰で支配しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA