迫害を受けていたユダヤ人やロスチャイルド達は、なぜ世界の金融を支配するまでになったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古くから中世ヨーロッパまで差別や迫害を受けていたユダヤ人は、なぜ世界の金融を支配することができたのでしょうか?

ユダヤ人は様々なまで差別や迫害、法律や社会的に様々な制約を受け、職業は制限されていた

中世ヨーロッパでのユダヤ人は、居住区を隔離され、土地を持ちことも、店舗を構えて商業活動する事も禁じられており、彼らは行商人や貧しい農民や、職人として生きていくしかありませんでした。

金融業は罪悪と見なし卑下されていた職業

迫害され、様々な職業上の制限を受けていたユダヤ人の一部から、金融業(利子を取る金貸し、両替商)を始める者が出てきました。

当時、キリスト教やイスラム教では、貧者と同胞から、金利、利子をとる事は禁じられており、神の教えに背く行為としていました。ところが、ユダヤ教では、やむを得ず生存していくために、利子を取ることを許したのです。

他宗教が罪悪と見なし、卑下されていた職業だったからこそ、ユダヤ教は金融業を営むことができたのでした。

こうした背景から、多くのユダヤ人が金融の世界に参入していったのです。

そして時代は移り変わり、農業中心の社会から商業活動が活発化し、資本主義経済が発展してくると、
忌み嫌われていた銀行などの金融業が産業の中心となり、ユダヤ人は莫大な資産を築き、世界の金融を支配するまでになるのです。

また、そんな時代背景の中がロスチャイルド財閥が誕生し、ニューワールドオーダー、フリーメイソン・イルミナティへと繋がっていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA