闇の支配者

ブッシュ 一族の役割

ブッシュ家

アメリカ合衆国ニューヨーク州カユガ郡スプリングポートに起源を持つ一族。20世紀から21世紀にかけて、3世代にわたり、2人の大統領、1人の副大統領、2人の州知事、1人の上院議員、その他多数の著名な銀行家や実業家を輩出した一族。

 

イルミナティ内での役割

アメリカでは、ケネディ家やロックフェラー家と並ぶ名門として知られ、彼らも様々な企業を経営していますが、彼らのイルミナティ内での最も大きな役割はやはりアメリカCIA(パパブッシュは元CIA長官)を中心とした諜報活動、工作活動である。

彼らとCIAによって世界中の諜報機関、警察が操られ、裏社会にとって都合の悪い者を逮捕、または暗殺したり、逆に裏社会に必要な人間を守っていたのだろう。

また、麻薬取引や人身売買など、イルミナティによる犯罪活動の大半をこのCIAが引き受けてきました。要するに、ロックフェラーとロスチャイルドが表立った経済活動をしてきたのとは逆に、表沙汰にはできない裏取引を行ってきたのがブッシュ一族です。

 

911アメリカ同時多発テロの自作自演

石油埋蔵量世界2位のイラクに侵攻し、エネルギー資源の利権の確保のため、大義名分作りとして、911を自作自演したのではないかと囁かれている。

マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画「華氏911」で、ブッシュ家とビン・ラディン家の親密な関係が写真と映像で詳しく暴露された。

 

スカル・アンド・ボーンズ(Skull and Bones、頭蓋骨と骨)


そして、パパブッシュ、ブッシュジュニアは共に、軍産複合体、麻薬ビジネスなどに深く関わる「スカル・アンド・ボーンズ」のメンバーである。

ロスチャイルドの「25カ条の世界革命行動計画」

1773年、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが30歳の時にフランクフルトに12人の権力者を招いた秘密会議を開いた。

ここでの議論の中で、初代ロスチャイルドは、その会議で全世界に対する絶対的な支配権を手中に収めるための 「25項目の行動計画書」から成っている「世界革命行動計画」について述べ、行動計画が始まった。
続きを読む